記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんこ

どーも僕です!

突然だがわたくしは非常にお腹の調子が崩れる人間である。あれは高校1年、朝が弱いわたくしはギリギリまで睡眠時間に注ぐので毎朝遅刻寸前の時間で学校に向かっていた。自転車で最寄りの駅まで行き改札をマッハですり抜けなんとか電車に乗り込みます。困った、腹が痛い。ってか学校まで無理。途中下車してトイレに駆け込もうかと考えたのだが今回遅刻すると生活指導室行きが決まっていたわたくしはそのまま学校まで耐えるという決断を下す。なんとかお尻をもじもじさせながら耐えていると空席を発見!年寄りのババアには目もくれずそっこう着席、これで最終関門の出口を抑えることができ一安心。

一瞬の安堵感を手に入れたせいか眠気が襲ってきた、好都合である。目的の駅まで寝てしまえば学校到着も夢ではない。目が覚めた、到着駅まであと2つである。もちろん脳はすぐに自分の体の状態をご主人様に伝える。やべー、もうまじやべーって感じである。肛門のヒクヒク具合がこれまで経験したものとは異次元のレベルだ。しかし生活指導のうるさい教師共が脳裏に焼き付く。なんとか駅に到着、この時点でさきっぽの醜い子供は顔を出してるに違いない、ここで完全に生活指導行き覚悟でトイレに入ることを決断。トイレまでの最短距離をミッションインポッシブルのトムクルーズばりに頭に思い浮かべいざダッシュ!しかしダッシュするたびに肛門が悲鳴をあげる。エスカレーターを登ってる最中だった、自分の脳が諦めたのであろう、ぶりぶりぶりぶり。
ストック放出である。周りの女子高生達もなんかくさくね?みたいな話をしてる。ふと我に返った、トランクスを着用してることもあり一気に太ももあたりまでダムの決壊は始まっている!ヤバイ!不幸中の幸いだがこの日は快便だったらしく軟らかい粘土くらいの硬さもありなんとかトイレに到着。

トイレに到着したわたくし、お決まりである。トイレが満室なのだ!そりゃーそーだこんな朝っぱらからうんちコーナーがスカスカ状態なわけがない。しかし並びはない、とにかく早く空くことを祈っていた。その時だ、完全にズボンをはみ出してわたくしのくるぶしから物体が登場!と同時に後ろから人が、終わったと思いながらも演技開始である。誰だよこれ?くっせーなーと自分のじゃありませんよアピールタイム。もちろんもろバレだ、そんな独り言をぶつくさ呟いてるとドアが開いた!すぐさま駆け込み人間の視線を完全にシャットダウンした状態に持ち込んだ自分に拍手をし、今後の作戦を考えることにした。

完全にミッションはインポッシブルな状態なのは明白、とにかく全裸になる。そしてトイレの便器で洗う、とにかく洗う。ひたすら便器に水を流してごしごしごしごし。なんとか履ける状態にはなった、所々茶色の物質がついてるがこれ以上綺麗にするのは限界だと考えなんとかホームまで降り帰宅を決意。周りの視線がわたくしに注がれていることに気づく、どうやら臭いが問題なのだろう、こちとらずっとうんこまみれなのだから鼻なんて半世紀前から麻痺している。とりあえず帰宅を諦めトイレに帰宅、もはやどっちが家だかわかりゃしない。

もうこの世の終わりである、学校の登校時間なんぞ余裕で過ぎている。自分を責めた。なぜこんなことになる前にトイレに行かなかったのか?どうしてもっと時間に余裕のある生活をしないのか?何度も何度も責めた、全裸の状態で自分を責めた。正直手詰まりだ、学校に行けないのはもちろん帰宅すら許されていない。もうママに電話しかないのである。

ママ~うんち漏れちゃった。どうしよ?テヘペロ。

状況を説明すると着替えを持ってきてくれるとのこと、どうして高校生にもなって息子の下の世話を母親にやってもらわなければいけないのだろうか?仮にあったとしても逆だ、自尊心などとうに崩壊している、プライドという言葉はわたくしの辞書にはもう二度と登場しないだろう。またしても自分を責め続けた。全裸で。

さて母親がここにくるまで少なくても一時間以上はかかる、かれこれこのトイレにこもり続けてから三時間は余裕で経過しているだろう。トイレの便器の汚さなどとうの昔に忘れてしまった、平気で地べたに座り込んで時が経つのを待っている。全裸で。

全裸とはつまりちんちん丸出し状態なわけである、やることもなくて他人の視界もシャットダウンした高校生が取る行動は一つ。ずっと自分を責め続けてきた、何度も何度も。今日の出来事の一連をフラッシュバックさせる、なんと恥ずかしくてどれだけ惨めだったか、そんな自分を慰めなくてはいけない。しこしこしこしこ。果てた時はさすがに笑った、わたくしはここで一体何をしているのだろうか?

そうこうしてる間にそろそろママの到着のお時間である、当時わたくしは携帯を持っていたが母親は持っていなかったので連絡手段が取れないせいもあっていつくるのかと不安でしょうがなかった。ってかババア早く持ってこいよ、そもそももっと時間に余裕のある人間に育てろよ、まじあのババアつかえねーわ。

そのババアがやってくれたのである、どうやら男子便所に入るのが恥ずかしかったのか清掃員のおばちゃんに着替えを渡すのを頼んだらしい、その清掃員のおばちゃんが俺様の下の名前を呼んで確認してきやがった!どいつもこいつもババアってのは使えねー、そっとノックをして迅速に着替えを渡すのが礼儀である。

とにかく 着替え という最強のアイテムを手に入れたわたくしはやっと人間に戻れたのである。汚物にまみれた衣服を母親に渡して礼も言わずさっさと帰れこの野郎みたいな態度を取ってしまった、おそらく思春期の子供だったのだ、お許し願いたい。

さてこの爆笑間違い無しの話を学校でしないわけにはいかない。最強のネタを引っさげ校門をくぐるその姿はまさにドラクエの勇者がボスを倒して城に帰還してきたような気分だ。そして休み時間友達連中にうんこを漏らし母親よびつけてオナニーしてやったとドヤ顔で語った、最高の優越感である。

ふと思った。母親よびつけてオナニーしてやったってまじで頭おかしいよなw文章の違いは気づいているがあえて訂正はしない。ってことで今日のブログはこれで終わりにしたいと思う。ほんとは麻雀上達方法という記事を書こうとしたのだが気づいたら文字数が半端じゃないことになってすいませんw

ではまた!

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

いつも楽しく拝見しています。
どの記事も素晴らしいクオリティなので、福地さんあたりと組んで書籍化して欲しいです!

Re: タイトルなし

> いつも楽しく拝見しています。
> どの記事も素晴らしいクオリティなので、福地さんあたりと組んで書籍化して欲しいです!

コメントありがとうございます!
お褒めのお言葉誠にありがとうございますwとはいえ書籍化は正気の沙汰ではございません、読んでくれてる人が多少笑ってくれれば十分です。これからもできる範囲で書いていきますので是非読んでください!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。