記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手に効かなきゃ意味がない

どーも僕です!

初代タイガーマスクでお馴染みの佐山聡の名言である、まずはシューティング合宿 佐山聡 2:30あたりをご覧ください

これは麻雀にも同じことが言えます、なにも麻雀上手くなるために佐山聡の所に修行しに行けと言ってるわけではありませんし、マスク被ってプロレスやれと言ってるわけでもございません。

麻雀の実践中に自分が持っている技術をつかいこなせなければ意味がない、わかるぅ?わかるぅ?それでは続きを書いていきます。

反撃開始とは言ったものの雀力に関しては相変わらずうんぴまんの頃と変わってないわたくしですが気持ちはこれからやってやるぞ!っと意気込んでおりました、今まではエコノミー版の無料でファミコン画質顔負けの天鳳をやっていた所つのだに小銭を恵んでやると新人から上級卓でできるという情報を入手し、すぐさまWebMoneyを購入Windows版でおじさんを育てることにしました。

というのも一般卓と上級卓の違いは卓のレベルというよりも2着にも雀の涙ばかりのポイントを貰えるという点にあります、すなわち上級卓でゴギブリ駆除をしてればサクッと特上卓にあがれるわけです。ってことでバルサン焚いてガンガンゴキブリを制圧して特上卓へGO!

さてうんぴまん時代同様しこしこ打っていると六段まではすんなり行けるわけですよ、ただここからがやっかいなのである。何度か5⇔6ループを繰り返したような記憶があります。ってか何で勝てないの?って話になるわけですね。
ただこれに関しては打ってる最中で自分の中である程度答えは出ていました、単純に 押し過ぎ なわけです。麻雀って基本的にあがりを目指して点棒稼いでしこしこどっぴゅんを四人が繰り返すわけですがいつでも自分がどっぴゅんできるわけじゃありません、誰かが発射したら自分はその局イケないわけです。ましてや放銃なんてしたら発射に制限かけられて良いネタじゃないと抜いちゃダメ!みたいな状況にもなります、そうなったら蟻地獄。まわりは手軽なネタで猛烈なスピードで手淫してきますから追いつかないわけですね。って何の話?

話を戻します。この手の話を語ると文字数が多くなってしまうのが難点ですが、ある程度麻雀の知識も知っていて細かい牌効率や読みなんかを省くと大抵押し引きが重要になるわけですね。押し引きとはなにも相手がリーチしてきたからとか自分がイーシャンテンの段階でなんちゃらとかじゃなくて配牌貰ってからもう押し引きは開始されてるわけです。って何語っちゃってんのお前?とか思ったそこのあなた!正論です!その気持ちをどうか忘れないように。だから今回に関してはある程度煮詰まった場面の押し引き限定です。

そういった場面で当時のわたくしはたいてい押しという選択をとってたわけです、楽だから。さらにベタオリに関しても無筋の数だとか安全な筋、危険な筋なんていうのもぼんやりとしか理解してないからヌルヌル放銃も多々あったわけです、めんどくさいから。この二点を改善して冷静に打てば七段になれる算段がついたと判断し、後は実践するだけです。もちろん最初から精度を高くして実践はできません、徐々に徐々に体に染み込ませていきます、そんなことしてたら七段になったわけですね(はしょりすぎだろw)こーいった戦術話を細かく書くと話もだれるので割愛しときます(機会があれば触れていこうかと思います)

七段になったわけですけど超嬉しいよそりゃあ、毎日毎日好きでもないジャズ聞かされて親には引きこもり呼ばわりされてるからわざわざ大学行くフリしてネカフェ行ったり、たまに大学顔出しても授業の合間はちゃんと天鳳タイムは確保して~って、25歳がwwわかるぅ?わかるぅ?大人なの俺、ほんとはちゃんと働いてなきゃダメなの。わかるぅ?そんな中で七段になったわけだから喜びもひとしお、井脇ノブ子は無理でも谷亮子ならウェルカムって気分だったね。ただやっぱりこの頃も数は多く打ってましたがそれなりに天鳳以外の事もしてましたね、パチンコ、フリー、セックス!ロックな感じもしますが完全に福本漫画か闇金ウシジマくんに出てくる人達ですね。

さあ鳳凰卓です、ここからは天鳳一色に染まります

廃人のできあがりです



人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。