FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイちゃん

どーも僕です!

白いキャンパスには何を描いても自由。自分の色を言葉という媒体を通して筆先に染み込ませる。その筆先から描かれる全体像を思考するもよし、何も考えずに試行するもよし。これから始まる物語の予兆を感じさせていく、常に飽きさせない為の手法を練る。ある程度全体を掴んできた所で修正を施す、上質な文体にセンスを感じる言葉を乗せブラッシュアップされた文章は七色の煌めきをまといキャンパスを輝かせる。

少し上品に書いてみた、兎にも角にも気持ちが悪い。なんだコイツは、絵書いてんのか文章書いてんのかハッキリしろ。あまり小説とか読まないわたくしだがたまに読む本はこーいった表現が非常に多い、例えば ポコチンを舐めるサチコ とシンプルに書けば済む所を サチコの唇は少し震えていた、ぎこちない手つきが妙に俺の神経をくすぐる。グロスで少しテカりの帯びた唇が~なんちゃらかんちゃら。こんなことフェラをいざされようとしてる時に考えるか普通?やべー、まじやべー!超気持ちよさそう!これで十分だ。とにかく難しい言葉とわけのわからない表現を多用し過ぎな感がわたくしから小説を遠ざける一番の要因。所詮世の中の表現は擬音とノリで雰囲気が伝われば後は内容次第でガンガンぶっこんでいけばいい。物書き連中はもっと身分をわきまえろ、俺が教えてやる。では始めるでござる。

さすがのわたくしも書く事が無くなってきた、そろそろこのブログも潮時か?過去の出来事を絞り出しすが一滴すら出てこない、ブログのコメント欄にそーいやペットボトル事件があったなと思いだす。そんなお話。

高校三年生、合コンやるらしいから突撃!テンションアゲアゲでぶちかますも失敗に終わる。まぁどーでもいい、メスの選別開始。あらま?かわいい子が一人いるじゃない?残りは家畜かその類。もちろん高校生、制服のまま夕方から居酒屋レディゴーってわけにはいかないのでカラオケからスタート。その当時流行ってた曲を垂れ流し状態で誰かが歌う、メス共は歌唱力の自信の無さから消極的。誰もそんな期待してねーし、歌が上手いから世の中の何かが変わるわけでもないのだからさっさと歌え。テレビ見てりゃわるかるだろ、歌が上手いブスよりかわいい音痴。ちなみにわたくしの十八番は奥田民夫のイージューライダーだ!

その日は何事も無く終了、家に帰ってかわいこちゃんに電話をかける。もちろん秒速で告白。付き合えメスビッチ!と一撃かますもあえなく撃沈。まぁいい、ダメなもんはダメ、こっから粘って様子を見ることにした。たいていの女は好かれる事に異常に執着心を持つ、自分がモテる存在であることを日々確認しているような生き物。もちろんこのマイちゃんも例外では無い、彼氏としては論外だが自分に好意を持ってくれてる人が存在することに悪い気はしない。わたくしはそこを突く、徹底的に突く。

電話越しで褒めの言葉ラッシュ!ほんとかわいいよね~超モテるでしょ?何で彼氏いないの?もったいない!もったいない!そんなことないよ~とご謙遜。わーたわーた、声のトーンでお前の心理なんぞバレバレだぞ。そんな感じでなんとか仲良くなったなと手ごたえを感じて終了、その日からなにかっちゃー電話をするような仲になる。何度も電話をしているとあっちの本性も見えてきた、なんというか主従関係が結ばれたような感じ?もちろんマイちゃんが主で俺が奴隷だ。

主にひたすらアタックしてなんとかゲット、あわよくば一発!という当たらない宝くじを永遠に買うような気分で電話を続ける。もちろん毎回長電話、電話料金も馬鹿にならないが家電使ってお互いに工夫する。そんな電話をしている最中に一番困るのが尿意だ。盛り上がってる話の腰を折ってまでトイレに行く愚行は避けたい、電話をしながらジョボジョボ音を立てるのももちろん論外。う~ん、困った。目の前に空のボルヴィックを発見!後で捨てればなんてことはない、ポコチン出して鬼頭を飲み口にフィットさせる。ジョボジョボジョボ、あ~すっきり。これで電話にも集中できる。たまにフィットが甘くとびちる事もあったがご愛嬌。電話が終わると便所にGO!この作業をマイちゃんと電話する時はいつもこなしていた。

そんな日々を続けているとやっぱり人間、だんだんペットボトルの処理がめんどくさくなってくる。気づけば4、5本溜まっていた。もちろんババアにバレないように隠す。学校から帰ってくると部屋がやたらと綺麗、目の前には空のペットボトル。あー、終わった。間髪入れずババアに すいませんした! と先制リーチ。あんた頭おかしいの?何がどーなったらあんな事になるのよ?と軽蔑と怒りのまなざし。悪いがテメーの腹から出てきたんだよ!と突っ込みを入れたくなったが言われるがままに怒られる。完全弱者のわたくしは人種差別を受けた気持ちになって部屋に戻る。まぁどーでもいい、プリンでも買ってくりゃ機嫌直すだろあのババアも。

さてこんな人種差別をくらってマイちゃん手に入れられないとかこの世の悲劇、再び長電話の日々に戻る。もうこのままあーだこーだ言ってても始まらない、そろそろ確信に迫る質問をぶつけた。あのね、ほんとに好きなんだよ、でも俺がこのままの気持ちだと一生マイちゃん好きってことになるじゃん?そーしたら一生俺は彼女できないじゃん?そのなんつーかこのままの気持ちを抱いてもよろしいでござんすか?マイちゃんの返答を待つ。ほんとありがとね、でも~なんちゃらかんちゃら。はいはい、ダメざんすね、わかりました。しかし最後に高校生とは思えないような発言で締めくくられた。

モナコに別荘とか持つような人になったら考えてあげる。

やっぱ敵は福沢か。


いい加減麻雀の事書くぞ!!ではまた!

人気ブログランキングへ








スポンサーサイト

コメント

文章面白いなぁ。村上春樹とか伏線張るだけ張って、冒頭みたいな言い回しでのらりくらり回収しないでほったらかして何だよって感じですわ。

Re: タイトルなし

> 文章面白いなぁ。村上春樹とか伏線張るだけ張って、冒頭みたいな言い回しでのらりくらり回収しないでほったらかして何だよって感じですわ。

コメントありがとうございます。春樹がどーだかはよく知りませんがノルウェイの森は少しだけ読みました。手こきのシーンでしこった記憶しかございません。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。