FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱセックスの話するか!

どーも僕です!

自分が書いたブログを読み返す。シャブ中に塾の話、下ネタ無しでトライしたが過去の記事と比べるとそこまで面白くない。ブログを始めて二か月経過、文章の質は最初の頃と比べるとだいぶマシな印象。ネタのインパクトは記事が多くなるにつれ弱くなっている、これに関しては仕方がない、最初に読んでもらえなければ何も始まらないのだから渾身のネタは序盤にぶっこむ。それでも毎回やったやらない、セックスうぇ~い!を繰り返したら飽きられてしまうんじゃないだろうか?そんな心の弱さが露呈した記事もいくつかある。そもそも童貞がこのブログ読んで こいつなんだかんだでセックスやりまくってんじゃん 俺達のイカ臭い青春に比べたら全然リアルじゃねー!と口を尖がらしてスネ夫みたいにぴーちくばーちくうるさいに決まっている。大前提として女性は出禁必須のブログ。万人に読んでもらえる文章なんてそもそも無理な話、なら俺はストレートにいく、最短距離を最速で駆け抜けさせてもらう。悪いが今回の話はわりと飯マズだ、では始めるでござる。

働きたくないという理由だけで我が家の金を貪りつくす天才ことわたくし、無駄に24で大学入学を果たした頃だ。彼女がいねー!誰でもいいからやらせろ!ってことで昔のバイト先の野郎にメスの紹介を依頼。写メを送ってもらうと普通にかわいい、野郎曰く 写りが良いだけだから騙されんなよ と強く念を押されたが、別に騙されてブスでもいいから今度飲むぞ!ってことで渋谷で待ち合わせ、バイト先の野郎ともひさしぶりの再開。互いに近況を報告、野郎はどーやら最近マリファナに夢中らしく日々ラリぱっぱで楽しいらしい。まあこんな中毒者はほっといてお目当てのベイビー到着を待つ。

喫煙所でタバコを吸っていると野郎がベイビーを発見。あれだよあれ、ブスでしょ?と一言。うーん、普通にかわいいんだけど?ってかタイプ、きたねー女って感じの俺好み。まずはご挨拶、ちーす!ちーす!すげーかわいいじゃん!と先制リーチ。だいたいこれに対しての反応で今日の全てが決まる。彼女の反応は馬鹿女特有のマジウケる~マジウケる~の連呼。しかしその後わたくしにこう言ったのだ ペース早過ぎw酔ってるの?そーいうのは後でしょw はい!コレキター!今日イケるわ、ポコチン!準備しとけ!手ごたえばっちりの状態で飲み屋にれでぃごー!

飲み屋に到着、ベイビーの同僚も到着して2対2の飲み会でござる。さてこのベイビー、名はあずみ。もちろん上戸彩みたいな暗殺集団をやっているわけではなくギャル系なのかしらんがショップ店員とかいうヤクザな仕事をしているらしい。顔の方はかわいいガマガエル、世の中にかわいいガマガエルが存在するのかどうかは知らないがほんとにそんな感じ。酒を注文していざ開始!酒の弱いわたくしも女の子の前だとちょっと見栄を張ってわりとグイグイ飲むタイプ、二秒もせずによっぱぴー!顔を真っ赤にしているとあずみちゃんが 大丈夫~相当顔赤いよ~とか言って顔を触ってくる。はい、勃起。

酒を飲みながら談笑する我々。もちろん学も無ければ育ちも良くない連中だ、おそらく総理大臣の名前すら知らないだろう、こいつらは小泉純一郎でいつも止まっている。そんな馬鹿話をしている最中にふと気づいた。隣のあずみちゃんとの距離が超近い。ってかほとんど触れてる。疑惑は確信に変わったという文面をよく目にするがまさしくそんな気持ち。最終的には足を絡めてくる始末、夏ということもありわたくしハーパン、肌と肌の触れ合いバチコイ。

宴もたけなわでございますがこの後どうしましょ?と野郎がぶっこむ。もちろん明日仕事だから~終電だから~なんて言葉は出てこない雰囲気MAX。というより野郎がとにかくさっさともう一人の女とラブホにINしたいという気持ちが満々。これは好都合、わたくし何も頑張らなくても余裕でござる、マリファナ中毒者万歳!ジャマイカ万歳!しかしなぜかドンキで花火を買って代々木公園に。う~ん、めんどくさい。射精したいでござる。

代々木公園で花火ぶちかまして100m走を無駄に行い、全員息切れにも関わらずシャンパンで水分補給。もう頭ガンガン、みんなヘトヘト。地べたに寝っころがっている汚い女あずみちゃんに寄り添いそのまま唇レディゴー!そのままタンをねじ込む流れになるかと思いきや、ちょっと拒否気味?うん?何で?経験上これは五面チャンのリーチクラスなのだが?めんどくせー。

痺れを切らした野郎がラブホ行くぞとタクシーゲット!だよな、花火や運動会やってる場合じゃねーよな?そのまま渋谷に戻ってお馴染み道玄坂の方へ車を走らす。そのままラブホにIN!なんか初日にこんなことになっちゃってビックリだね!なんて欠片も思ってない発言をするわたくし。あずみちゃんは完全に酔っ払い、セックスをするしないとかじゃなく意識が遥か彼方。なぜかわたくしこの場面でチキンボーイになる。というのも本格的に惚れ出したからだ、なんつーかちゃんとお付き合いしたいな~という感情の方が強かった。ポコチンの方はびんびんなのだがはたしてここで手を出すのは得策なのだろうか?あずみちゃんはベットに既にIN、わたくしソファーで中学生みたいな発言を連発しだす。その~なんていうか~ノリでそーいうことやっちゃうとさ~なんていうか~もじもじ。あっちにその言葉が脳まで伝わっているのかは定かでは無いが、とにかくあっちの承諾をちゃんと得てからセックスをしたかった。なんというゴミクズ野郎なのだろうか?傷つかず拒否られないという担保が無いとセックスの一つもできない雄がこのサバンナで生存していけるのだろうか?なんともダサい男である。

ラリホー寸前のあずみちゃんはうぅ~だのあぁ~だの言葉になっていない。微妙な感情なままポコチンの指令に従い行動に移すことに決めたわたくし、どこにでもあるセックスを行い終了する。少し寝て朝を迎えた。化粧が少し取れかかった女がイビキをガーガー鳴らして寝ている。まぁそれでも自分の気持ちは変わらずこの子に惚れてんだろうな~って気分だった。適当な時間に起こしてあずみちゃん起床、全然記憶が無いみたいだ。花火したあたりまでは覚えてるらしいがセックス関連の記憶は皆無。てめーあんなにヨガってたのに覚えてねーとかすげーな。などとふと頭を過ぎったがやっぱり少し寂しい気分になった。乙女か!

そんじゃあ朝飯食って帰ろうかってことになってサブウェイ到着。恋は盲目とはこのことで惚れてしまったら急行列車、我慢できない思いをぶちまける。好きになったっぽいんだけど付き合ってくんねーかな?とまではいかないがこれからもまた遊んで真面目に考えてるくらいの事をあずみちゃんに伝える。あずみちゃんの方も俺程じゃないにしろまぁ~考えといてやるよ小僧くらいのノリで返してきた。パンを2人で貪っているとあずみちゃんが険しい表情でオェと少しえずいた。なにやらピクルスが苦手らしい。口を開いてピクルスを取り出すあずみちゃん、こちらに顔を向ける。

サブウェイの汚いパンカス達が歯茎周りを覆っていた。

きたねー女だなしかし。

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。