FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンサロ

どーも僕です!

TBS系列でお馴染みのあの番組からオファーが入った、なにやらネットゲームの特集としてわたくしを取り上げたいらしい。やっと時代がわたくしに追いついてきたか、待ち合わせは赤坂の喫茶店。店に入るなりプロデューサーと打ち合わせ、茶菓子の一つも用意してくるかと思ったら手ぶらの様子、すぐにコージーコーナーでエクレアを買ってこいと下っ端のADに睨みをきかす。打ち合わせ再開。

アフロはどうしたと尋ねると私用で来れないとのことらしい、まあいい彼も忙しいのだろう。天鳳に関してはズブの素人であるプロデューサー、それなりに調べてきたらしいが所詮は付け焼刃、言葉に厚みを感じ取れない。細かく指摘を入れていくわたくし、そこにエクレアが到着した。封を開け一口、中身はカスタードだった。

てめーどういう了見だ!?エクレアはモカだろモカ!激怒のわたくしにすぐさま土下座の動作に入るプロデューサー、怒りはおさまらず店を後にした。後日電話がかかってきてアフロの嫁 髙田 万由子 を一晩抱かせる事を条件に出演を決意した。

情熱大陸、俺をみつけろ!では始める。

お手軽フェラチオ専門店でお馴染みピンサロ。わたくし正直マムコさんにはそこまで執着心はない、挿入といわれる行為にそこまでエクスタシーを感じない人種である。しかし世の中は合体という二文字=セックスという定義になっている、これにはわたくしも空いた口が塞がらない。今回はお口フェチ必見の内容である!

ピンサロ初体験は高校時代原付の免許を落ちるという快挙を達成した時だった。落ちるはずが無いと周りに言われていた、もちろん裏校も当日受けた。しかし試験が終わるまで 徐行 という意味がわかってなかったので当然である。試験が終わり徐行の意味も確認しないままふてくされていたわたくしは五反田の歓楽街へと足を運んだ。風俗の種類もろくに理解できてない少年がキラキラとした看板を見て判断するのは値段だ。

なにやら4000円程でやらしいことができるらしい?風俗事情に無知な少年はまさか化け物が出てくるなんて思わない、せいぜいピチピチのブスだろうと甘く考えていた。なるべく人目に触れたくはない、風俗街をうろちょろしてるのもなんだか気が引ける。勢いでドアを開いた。

中から出てきたのはいかにも薬物大好きそうなチンピラ。何の行為をするのかも理解できてないわたくしに はやく4000円よこせやガキ と手を差し伸べてくるチンピラ、どうやらここでお金を支払うらしい。マジックテープのビリビリ財布から夏目漱石を四枚取り出す、もう後には引けぬ!

チンピラの雑な対応でソファーみたいな所に案内された。客はどうやらわたくしを含めて二名程。店内は古臭いミラーボールの光がチラチラするくらいで基本的には薄暗い。ソファーに行く際にもう一名の客がしている行為である程度のことは理解した。おしゃぶりか!心が躍った、すでにはちきれんばかりのご子息、AVではもっぱらおしゃぶりの場面しか見ないわたくし。好都合!

チンピラが冷たい麦茶を持ってきた、緊張で喉がカラカラ、ありがてー!ぐいぐい飲み干す、タバコに火をつけるわたくし。何の説明もされないまま煙をプカプカさせていると後ろから人の気配がした。きた!どんな顔なんだろう?芸能人級だったらどうしよ?俺の息くさくないかな?フリスク持っておけば良かったな~と色々考えていた。女の子登場!面を確認するわたくし。全ての悩みは見事に吹き飛んだ。

てめーいくつだよ!?完全無欠のババアじゃねーか!?母親と同じかちょい下くらいか?おそらく40代後半、もしくは50ジャストくらいか?こんなババアの為にフリスクの用意を心配までしたわたくしの数秒を返して欲しかった。

どーも、まゆみです!何がまゆみだよ、チヨとかウメとかだろ?どー考えてもまゆみじゃねーよ!戦後雑炊食ってたろ?米軍にチョコもらってた世代だろ?(そんなわけないのはわかっているけど思わず兵隊さんが頭に浮かんでしまった)

しかし人に気を使う事に関してはプロ中のプロであるわたくしはババアが出てくるのを知っていたといわんばかりに余裕の態度で対応した。正直に打ち明けてみた、こーいう所初めてなんですよ!緊張しちゃって、テヘペロ!ババアはあらかわいいとニコニコしている。どーしたらいいんでしょうか?と尋ねるととりあえずズボン脱いじゃおっか?とババア。パンツもですか?と質問すると、当たり前でしょ!っと肝っ玉母さんみたいに言われた時はさすがに笑った。

パンツをずりおろしてババアが一言、まあ大きい。今でこそ聞きなれたフレーズだが当時はほんとに大きいと勘違いしてた。もうここからはどーでにでもなれ!ヤケクソだと言わんばかりにふんぞり返ってババアに身を任せた。ババアも気を使ったのだろう、キスの方はしてこなかった、すぐさまポコチンに顔を近づけてくる。

チロチロと舐め始めたまゆみ、もうババアではない。まゆみだ。目をつむり平山綾の顔を思い浮かべたがあんまり意味なし!もうまゆみの行為を眺める小型犬のようなわたくし、されるがまま。しかしガキのフェラチオとは一味違う、確かに上手い。そもそも唾液の量が半端ではないのだプロは、プロは唾液の分泌量で力量を測れる。こーなってしまえばまゆみに夢中。

ものの数分で絶頂の気配がしてきた、まゆみの肩に手を置く。人間はイキそうになると人肌に触れたくなる習性がある、とわたくしは勝手に定義づけている。まゆみも感づいたらしい、何千本のポコチンを咥えてきたから感じ取れるプロの流儀だ。口の動きが激しくなる、冷静に イキます と一言伝えるとコクリと頷くまゆみ。発射!

発射してぐったりとしたわたくしのご子息をおしぼりで綺麗に拭きとるまゆみ。我に返った。ん?なんだこのババア?こんなとこで何してんだ俺?後悔の念が猛烈に噴き上がった。早くお家に帰ってシャワー浴びたい、綺麗になりたい!犯された気分になった。ババアとピロートークなどするわけもなくすぐ店を後にしたわたくし。

家に帰ってすぐにシャワーを浴び、かわいそうなポコチンを優しく洗った。もう二度と風俗なんて行くもんか!心に誓った。

数日後、五反田でパチスロしてるとムラっとした感覚に襲われた。人間は性欲の前では学習効果など意味をなさない、別の店に行くことを検討したが一度行ったことがあるという事実が心の弱いわたくしに勇気を与えてくれなかった。ドアを開いた、薬物中毒のチンピラが出てきた。すでに夏目は四枚用意してある、緊張はない。ソファーに案内され冷たい麦茶を飲みながらタバコを吸う。後ろから人の気配が。

どーも、まゆみです!

またお前か。

人気ブログランキングへ














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。