記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいまん

どーも僕です!

いきなりだが飯マズ画像から始めよう。


成績

ちょっと本気出したらこれである。最近はなにかと十段の数もモリモリ増えて天鳳位の人数も昔で考えたら信じられない人数になっている。それでもだ!それでもなお、やっぱり嬉しい。かれこれこの数字を眺めるのも六回目だ、九段になる度に気を引き締め普段より慎重に頂を目指す、っがダメ!いつもダメ!ここ数回は3000ptはおろか折り返しまで行くので精一杯の現状。お決まりの連ラスで精神状態はボロボロになり真っ逆さまに転げ落ち気づけば八段に戻る作業を幾度となく経験している。

そうなってしまう原因もわかっている、まず実力が足りねー!おそらく安定段位9以上を細かいミスを含めて叩き出すのは鳳凰卓でも指で数えるレベルだ、そんな連中が実力通り十段になるか、安定8以上の実力でとてつもない追い風をつのだに頼む以外に方法は無い。なんにせよ運が少しでも悪い方向に偏ったら即ジ・エンドの段位なわけである。ちなみにわたくし7.5くらいしかない!今現在はおそらくほぼ8くらいはあるんじゃないかと自分では仮定している(様々な要因を含めて)

さらに精神面も色々と違ってくる、なんせ十段未経験である故に自信がついてこない。仮にわたくし六段に落ちても全く動じないだろう、打ってりゃ勝手に鳳凰卓が手招きしてくる。しかし八段あたりからはやはりある程度確変が来ないとちとキツイ、というのもいくら数字上昇段できる安定段位であったとしても打数の問題が絡んでくる、100戦そこいらで昇段するにはそれなりの運が必要。

色々数字出して御託並べたが結局本人ができる事は現状の力をフルに発揮する他はない。人は多かれ少なかれ趣味や仕事に人生をかけている、金だったり時間だったり。わたくしの場合は天鳳だ。この打数でただの暇潰しです、ちーっす!ではなんというか無理がある。意地になっている部分もある、もちろん麻雀が好きだ、じゃなきゃやってない。ほんとに少しづつだが自分が麻雀を上手くなってる実感はまだある、飛躍的な向上はもう訪れることは無いがもっと地味でじわりじわりと成長していく過程を楽しんでいる。

今回は報告としてここからへんで締めさせていただく。

とにかく首洗って待っとけ、必ず掻っ攫う!

ではまた!

なわけーねーだろ!ここからがメイン!完全メイン!書いてるうちに長くなって非常に恐縮だがまかせなさい、では始める。

先日の初恋ブログを書き終わるとなにやらコメントがきてた、お褒めの言葉なのだろうか?ウキウキワクワクしながらコメントを開いた。

コメントを頂いた方の名前は たいまん という四文字。

たいまん?タイマン?喧嘩?なにやら穏やかじゃない雰囲気も感じる、内容を確認する。二行でこんな感じで書いてあった。

あれは?

ペットボトルに溜めてたのバレちゃった話しは?


一瞬である人物が頭の中に浮かんだ、あいつだwあいつとは中学の時の友達だ。わたくしがツイッターをやってる事を知ってる数少ない内の一人である、そんなあいつがどーやらブログを読んでわざわざコメントを残してきた。しかし内容があまりにもお下品である、もちろん事実だ。

しかしなぜわたくしが一瞬で判断ができたのかをご説明しよう。謎の四文字 たいまん である。わたくし小さい頃からムードメーカーだの面白い奴だのとさんざん言われ続けてきた、別に好きでその役割をやってたわけじゃないが常にそんなキャラだった。もちろんそんなキャラはわたしだけではあるまい、注目を浴びたいと思って猛者共はあちらこちらに沸いて出てくる。当時幼馴染だった一人の友人もわりかしそんなタイプだった、どちらかと言うと天然で笑いを取ってくるタイプ。正直手ごわい、なんせこっちは面白いと思って何かを表現するのに対して天然タイプは素でかましてくる、そしてオイシイ所を持ってかれる。

中学時代に公園で友達と遊んでいた時の話だ、特にやりたい事もないので一発ギャグ大会みたいなのが開催された。ギャグを披露する人間以外は口の中に水を含んでもらい笑いを取って吐き出した数で勝者を決めるといったそんな感じだ。

それぞれギャグを披露、わたくしのギャグそれなりにウケるのだがその幼馴染が一向に水を吐き出さない。よくわらかないが幼馴染ゆえにわたくしの笑いが笑えないのだろう、一緒の期間が長過ぎたことによるアレ、上手く表現できないが恥ずかしいあの感じ。それ以外で思い当たる理由はわたくしが彼の妹のケツにポコチンをこすりつけてた事をいまだに根に持ってるかのどちらかだ。

どーにもこーにも下ネタしか浮かばい、中学生なんてそんなもんである。脱いでウケを取るか奇声を叫び続けるしか能がない。そんなわたくしの脳裏に電撃が走った! たいまん である。

たいまん!たいまん!たいまん!と喚きちらし、まんぐり返しのポーズでケツの割れ目を広げる、とにかくずっと。言葉の意味もわからない周りの人間は思わず吹き出す、相変わらず幼馴染は水を吐かない、しかしチラっと彼の方をみると表情が少し歪んでいる。後少しである。わたくしもそろそろ限界だ、なんせ常時まんぐり返しのポーズを取っているはなかなか堪える。力一杯アナルをみせつける、服越しだったか服を脱いでいたかは忘れたがその筋はくっきりと綺麗な放物線として披露される。するとついに幼馴染の口から水が噴射された、まさに栄光の架け橋である!やってやった!

ちなみにコメントを残してくれた あいつ はこの公園にいた内の一人であり、幼馴染ではない。しかしこの内容を知っていてわたくしのツイッターの存在を知る友人は彼一人であるのですぐにわかった。

まとまりが無くて申し訳ないがそろそろ終わりにさせていただく。ペットボトル事件を書くとさらに長くなるので機会があったらいつか書いていきたいと思う。

ちなみに たいまん とは

鯛のマンコ 

略して たいまん である。

意味はなにも無い。

人気ブログランキングへ














スポンサーサイト

コメント

No title

9段昇段おめでとうございます、今後もますますのご健闘お祈り申し上げます!
たいまんの下りは凡人には中々思い付かない発想ですねw
面白かったです!

Re: No title

> 9段昇段おめでとうございます、今後もますますのご健闘お祈り申し上げます!
> たいまんの下りは凡人には中々思い付かない発想ですねw
> 面白かったです!

コメントありがとうございます!わずか一週間で八段に落ちそうですが今後も頑張っていきたいと思います!
正直糞みたいな記事になって後悔してますがそう言っていただけると幸いです!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。